イタリア食材 オンライン

Italian Foods Online

レシピ・作り方

基本のトマトソース サルサ・ディ・ポモドーロ【作り方・レシピ】Salsa di Pomodoro

投稿日:

サルサ・ディ・ポモドーロ

シンプルなトマトソース(家庭版)
Salsa di Pomodoro

トマト1つ1つに個性があるように、ホールトマト1缶1缶にも個性があります。

缶詰とはいえ、たとえ同じブランドでも、収穫の時期や固体差によって固さや味が違いますから、まずは好みのものを見つけて、最初にちょっとだけ味見してみると良いかもしれませんね。そして、トマトソースのレシピも色々ありますから、トマト缶の味に応じた作り方をチョイスします。トマト缶にしろ、生トマトにしろ、トマト自体が美味しいなら、そのまま使えばいいですしネ!

ここで紹介する"トマトソース Salsa di Pomodoro"は、シンプル・ヴァージョンです。 "Con te コンテ"で販売している"LA TERRA E IL CIELO"を使用。 この有機トマト缶こそ、そのままつぶすだけで充分ですが、それではレシピになりません(笑) でも、本当に、玉ねぎなどの甘みが必要ないので、にんにく等を少しだけ。

 

【 材料(2人分) 】 ingredienti per 2 persone :

ホールトマト 400g缶  ----- 1缶
にんにく ---------- 1~2片 (大ぶりなら半~1片でOK)
オリーブオイル ----- 大さじ3ほど (にんにくが浸る程度)
バジリコ or ローリエ(あるいはパセリの茎とか) --- 適量
唐辛子 --- 1本

【 作り方 】 modo di cucinare :

(1)にんにくの皮をむき、芽があれば半分に切って芯をとります。
唐辛子1本とむいて軽くつぶしたにんにくを鍋に入れ、浸る程度のオリーブオイルを加えて火にかけます(鍋を斜めに傾けると浸しやすい)。

必ず、低温からじっくり時間をかけて、うっすらキツネ色になるように中心まで火を通します(=imbiondire)。 唐辛子は辛みが出るので取り除いておきましょう。

〔Attenzione! 注意〕
あくまで、風味とほのかな甘みをつける作業。 にんにくの香りや唐辛子の辛味をガツンと効かせたらトマトが台無しです(イタリア料理では、にんにくの使い方は繊細に!)。 焦がしにんにくみたいなのはNGです。 それから、にんにくの外側だけ焦げて、中心は生というのもダメ。 生のにんにくは刺激が強く、いわゆる"にんにく臭い"。 たとえばお箸が通るくらい、ホクホクした感じにしましょう。


(2)ホールトマトを手で軽くつぶしながら①の鍋に加えていきます。 少し皮が残っていたり、中に筋がある場合は、指先でしごいて取りのぞきます。 もし種が気になるのなら、フードプロセッサーにかけてザルでこす方法もありますが、トマトの質感はなくなってしまいます。


(3)鍋を中火にかけてソースを加熱します。 バジリコの葉やローリエ、パセリの茎など、少量の香草を入れると香りがよくなります。 充分に火を入れることで保存性も高まりますが、長時間煮込むことは目的ではないので、ソース全体が沸いた時点で火を止めます。

シンプルなトマトソースの出来上がり!

ビンなどに入れて、冷蔵庫に少しストックしておくと便利ですよね。 なので大目に作っておくのもOK!
美味しいトマト缶なら開けてつぶすだけでも、もちろんOKです。 400g缶でパスタならちょうど2人分くらい。 玉ねぎやニンジン、セロリといった香味野菜をきざんで煮込む、ちょっと大変なイメージのあるトマトソースですが、こういうシンプルな作り方もあります♪

-レシピ・作り方
-, , ,

Copyright© Italian Foods Online , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.